(本当は面倒だな…でも断るのも悪いし…)

yes-1183407_640あなたは友人に頼まれて、断りきれず、仕方なく頼みを聞いてあげた経験はありませんか?

誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。 特に女性は優しくて感情で動く事が多いですから、とりあえずyesと言ってしまうことが多いですね。

とりあえずのYes癖。それは後々致命傷に

m020201

Yesといえば相手は喜ぶでしょう。でもそれではビジネスの世界では生きていけません。

ビジネスの世界は狩りの場です。 noといえず、なんとなくyesと言ってしまったばかりに、自分がリスクを負ったり、騙されてしまったりする可能性があります。 ビジネスの世界では安易にyesと言う事は禁物なのです。

ではなぜ、noと言えないのか・・・ それは、自分がいい人になりたいから。人にnoと言ったら悪い風に見られるかもしれないといった、感情の動きがあるからです。 しかし、ビジネスの世界ではnoと言える事が絶対に必要なのです。そして、noと言えないと無駄に時間と労力を使うことになります。

自分でビジネスをする上で、時間と労力は大変重要なものですよね。 また、自分が感情で動いてyesと言ってしまったばっかりに、他の人に迷惑をかけてしまう場合もあります。

あなたもできる!ちゃんとNoを言う方法

ではどうすればよいのか。 それは、感情で動くのではなく、頭で判断して動く必要があります。

どのようなリスクがあるのか?どれくらい時間と労力がかかるか?ということを一度頭で整理して動く必要があるということですね。

確かに、noと言うのは心苦しく難しいものです。

しかし、頭で判断した結果、断る必要があるならば、理論的な断る理由が言葉として頭の中に並んでいることに気づくでしょう。

それを丁寧に説明すると、しっかりnoと伝える事ができます。

最初はできないかもしれませんが、徐々に意識して、感情で判断するのではなく頭で判断するようにしていきましょう。